全塗装された車と買い取り金額との関係

全塗装された車と買い取り金額との関係

車にはしばしば改造が行われますが、車のカラーなどもその1つです。人によっては購入時とは別の色に、塗装をしている事もあるのですね。いわゆる全塗装です。
では塗り換えが発生した時にはどうなるかというと、買取り金額に影響が及びます。基本的には、金額が下がると考えて良いでしょう。

 

色などにより買取り金額が左右される

 

一般的に塗り替えは、数十万円ほどダウンする傾向があります。ただし、それも塗った色によりダウン金額も異なってくるようです。
まず人気がある色に変えた場合は、それほど金額は下がらないようですね。大体10万円ほど下がることが多く、多ければ20万円ほどタウンしてしまう事もあります。その逆にあまり人気が無い色に変えた場合は、大幅ダウンが発生してしまう傾向があります。40万円ほどダウンしてしまう事もあるので、車の塗り替えなどは少々慎重に行うべきでしょう。
また塗装技術にも左右されるようですね。ちょっと手を抜いて塗装が行われていると、それで金額がダウンしてしまう事もあるのだそうです。
オデッセイの下取り

 

下がらない事や上がる事も

 

逆にあまり下がらない事もあります。例えば車のイメージに合っている色ですね。車のイメージにぴったりで、しかもクオリティーが高い塗装の場合は、金額はそれほど変わらない事もあるのだそうです。
そうかと思えば、たまに金額アップが発生する事もあります。ちょっと特別な車などの場合は、メーカー側であえて車を塗り替えている事もあるそうですね。そのような場合、逆に車の査定額が上がる事もあります。ただしそれは非常に稀なケースで、基本的には下がると考えて良いでしょう。
このような状況なので、車の売却を将来的に考えているならば、塗り替えの施工などは行わない方が無難と言えます。

関連ページ

不動車の買取も行っているぼっちゃん
嫁から聞いた、車を高値で売るテクニック